2011年 04月 16日

時は過ぎて

c0061761_2022096.jpg

 昨日のイベントの帰りスワンパークに立ち寄ると市がやっている鳥インフルバリケードが綺麗さっぱり無くなっていた。今年は白鳥の北帰行は取り上げられずにその後に起きた東日本大震災一色になっている、思い起こせば人間への鳥インフルの感染危険率は0.01%も無いのにカモと白鳥を住みわける為に餌やりを禁止してバリケードを作った市は、震災の原発事故で放射性物質の量が市に何ミリシーベルト降っているのかは公表はしてくれていない、縄張りローブ同様、目に見える形で公表してくれてるように思えるが・。
[PR]

by sakatule | 2011-04-16 20:23 | 写真


<< 善宝寺山門の梅      大人達に成り代わり >>