2012年 12月 28日

回想

c0061761_16554918.jpg

 今年も後残す所3日、あっという間に一年が過ぎていた。今年は春から夏にかけては中島台に入りびたり夏から秋に掛けては犬鷲の幼鳥を追いかけていた。私の今年の二大テーマに関してはなんとか作品に仕上げる事が出来た。やや高いカメラをとっかえひっかえした事には悔いが残るが飛び抜けて出費したわけでも無い。フジフィルムX10の画質は去年からの驚きであって今に半切の作品に仕上がった。さよならペンタックス、そしてK改。そして初めてのフルサイズキャノンの5Dマーク2はペンタックスの過去のレンズをマウントアダプターにて蘇らせた。以外だったのはソニーのNEX7、ムービー用に揃えたのだが逞しい2400万画素10コマ連写はマウントアダプターでFD500mmにバッチリ軽量化に寄与、機動性が上がり犬鷲を正面から地ぬけで連写する事が出来た。ローライコード5型、スクエアフォーマットの世界感をもっとも手軽に味わう事が出来た。機材と言う物は作品を創作する上で重要、高い物は良いに決まっているが私は高いものの次の次位が良いと思う。何か誉れでもあればライカでも買うが・・、この点の大きな出費は個展を開く費用に当てようと思う。思い起こせば被写体に恵まれ機材に恵まれブログを続けて来られて良かったと思っている。一年間見てもらいありがとうございました、来年もよろしくお願いします。
[PR]

by sakatule | 2012-12-28 16:57 | 写真


<< 飛翔      鳴き合い >>