2013年 02月 19日

自然の掟

c0061761_15194962.jpg

高舘上池に人間が手負いの白鳥を置いて行ったは一週間前の午前、白鳥はやがて衰弱し死を迎えそして自然の掟に従うようにクマタカがやって来た。クマタカは何故か白鳥をまるで魂を吸い込むように羽で嵐を遮って食べずに去った、しかしやがてトビや烏がやって来て数日で白鳥は陰も形もなくなっていた。
[PR]

by sakatule | 2013-02-19 15:30 | 写真


<< 白鳥牧場      そら!逃げろ >>