2013年 03月 04日

風見鶏

c0061761_9325875.jpg

 前に私はモノクロがデジタルに置き換わらないと言った事がある。しかし感材が序所に買えなくなってそして撮影機材も老朽化している。まだフィルムは手に入るがこのままでは作品を作るのはどんどん困難になって来ている。ライカがデジタルに移行してライカモノクロームを出してそれが予約待ちと言う、80万近くのカメラは私にはとても買えない。そんな中シグマがSD1メリルの現像ソフトにモノクロモードを追加、キャンペーンを展開、黒が良くしまるとの評判だ。フィルムをやっている人間なら印画紙に号数があった事が思い出されるだろう、それほどモノクロにとって黒のしまりは重要なのだ。時代はデジタルに、私もこの分野に対応すべく一歩足を踏み入れた。100%クロッブの画像でエッジが見てとれるのは今の所ライカモノクロームとSD・DPシリーズだけである、これが最初のモノクロカット。
[PR]

by sakatule | 2013-03-04 09:37 | 写真


<< 旅の途中      鬼海弘雄ギャラリートーク >>