2013年 07月 13日

螺 旋

c0061761_031365.jpg

 フラクタル理論と言うのは果てしない物や事象を計る意味合いで小さな形状を計れば数値化出来ると言う理論。一方美術の世界には黄金分割と言う手法がありピカソの絵画やルコルビジェの建築などに用いられて来た。フラクタル理論もキュビズムも物事の繰り返しから生まれる図形として自然界の螺旋を取り入れたもの、人間界の輪廻と言うのも実は螺旋形状をしているのでは無かろうか、人はそれを曼荼羅と言うが・。
[PR]

by sakatule | 2013-07-13 00:38 | 写真


<< あがりこ大王      菩 薩 >>