酒田徒然的写真の心

skafan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 30日

亜成鳥

c0061761_6573291.jpg

現実とは小説よりも奇なりと良く言う。去年9月8日によそ者の若が鶴間に入って来た時があったがその時は老鳥が容赦ない追撃をくらわせ退散させた。しかし今日一日、八幡口を飛び回っていたのは亜成鳥、すでに斑紋は消えかかり二・三歳と思われる。
c0061761_657592.jpg

まるで鶴間渓谷をテリトリーに取ったごとく亜成鳥は一日外輪山下のガレ場をゆっくり一周しそして鶴間池上空をモピングしながら往復した。本来、見掛ける親達はいったい何処に行ったのだろうか?。亜成鳥の質感は老鳥と似ている、もしかして老鳥が若返ったって事無いよね。
[PR]

by sakatule | 2013-10-30 07:11 | 写真


<< 鶴間池紅葉の終焉      小鳥隠れの術 >>