2014年 09月 06日

Oh?

c0061761_823450.jpg

 駐車場は一日ガスがかかったり晴れたり、午後2時、一羽の犬鷲が風になびきながら上り滝の回りを旋回して屏風手前の奥の尾根に飛んで行った。普段晴れた日の犬鷲はコントラストが強く羽の模様が見えにくいが曇りやガスの中だと普段見られなかった模様が見て撮れる。翼端からこの犬鷲は鶴間のペアのメスと推定出来るが両羽の幼鳥班と尾羽の幼鳥班がまだかなり残っている事が写真から解る。私の推定では公式の9才と言う判定より若いのではと言う推定なのだが。また春から目撃された幼鳥3年生は実はこの個体ではなかろうか?、しかし見てはっきりとれる三ツ星では無いのでこの個体の年齢を特定しなければ全体像が浮かんで来ない。(D7100・64×2テレ×1.3クロップ)
[PR]

by sakatule | 2014-09-06 08:06 | 写真


<< 生態系の王同士が御花畑で      見逃さない事 >>