2015年 10月 20日

失礼きわまりない

c0061761_724717.jpg

 日曜から駐車場仲間の中に見掛けないカメラマンが混じっていた。本人は私はプロですよと言う身振りで挨拶を済ませると私に第一声「巣はどこでしょうか」と訪ねて来た。まさか一般の素人では無いブロからこの言葉を聞くとは思わなかった。次に双眼鏡をのぞきもせずにひたすらボーッとしている。仲間内は必死になって犬鷲をさがしているのにただただボーッとしている。仲間が犬鷲をみつければとっかかったようにカメラを向けるが撮った写真を虫眼鏡で必死になって見ている。そんな暇があれば犬鷲を探して貰いたい物だ、私は呆れて昼過ぎからのぞきに降りた。(D610・64×2テレ×2トリミング)
c0061761_744458.jpg

 次の日また同じ場所に彼がいた。そこで彼が犬鷲を探す技量が有るか駐車場中央に車を止めトランクを明けてブラインドを作り彼との距離を置いた。すると案の定、夫婦でうろうろ100-400mmズームを持って風景を撮り始めた、ガスが午後2時に上がり犬鷲は遠くの小高い丘から出て来て吹き上がりのガレバの岩に止っている。しかし彼はらは正面を向いたままボーッとしている。私は吹き上がりから外輪山方面を見るため車のトランクを閉じて待った。午後3時犬鷲は岩を飛び立ち外輪下を鉾立方面に飛び始めて此処でやっと彼は気がつきカメラを向けた。そして望遠レンズを持ってこちらにやって来たので逆に私は彼の居た場所に車ごと移動した。
午後3時半彼は犬鷲を2日も撮れた事を私に告げて「初めてなもので・」と言って帰っていった。(D610・64×2テレ×2トリミング)
[PR]

by sakatule | 2015-10-20 07:18 | 写真


<< 枯れ葉舞い散る道      大者の風格 >>