2016年 10月 05日

自然の話

c0061761_6173215.jpg

犬鷲撮影において一番好条件な天候はどういった天候なのでしょうか。長年やっているとそれは二通りあると思います。一つ目は撮影者にとって一番不利な事は前が見えない時、つまりガスや雲の中と言った遠くを見渡せない時。二つ目は犬鷲にとって飛ぶ為にどういった条件が必要かです。犬鷲は滅多に羽ばたきをしないので無風状態ではなかなか出ないのですが風が強い日は決まって羽を半分畳んで一直線に飛び過ぎます。また雨の日は羽が濡れるので岩棚や木影などに止まり出てこないのです。それと晴天の時はちょかいを出すツミや他の猛禽に見つかりやすいので良過ぎても出てきません。これらの事から導き出すと薄雲の比較的風がある日が一番確率が高いのです。「犬鷲は雲の下に居る」と言いますが犬鷲にとってはいざと言う時には雲の中へ隠れまた獲物を俯瞰できる好条件なのです。(α6000・150-600mmF5-8.3C)
[PR]

by sakatule | 2016-10-05 06:45 | 写真


<< 第三の犬鷲の話      技術の話 >>