酒田徒然的写真の心

skafan.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 06日

第三の犬鷲の話

c0061761_7535539.jpg

 鳥海の犬鷲の繁殖は犬鷲撮りにとって毎年春に期待する事柄です。鶴間の犬鷲は過去に5年連続で繁殖に成功した事例もありますが此処4年は繁殖に失敗しています。犬鷲は繁殖に成功した年には1年目に自分の縄張りから追い出すと言われますが過去を振り返ると鶴間の犬鷲はかなり高齢になっているはずです。
全国に350羽と言われる生息数も絶滅危惧種と言われる犬鷲にとっては繁殖数を増やせるかが鍵になっていますが犬鷲にとって高山の尾根に必ず一組のカップルが生息すると言うのは半径50キロと言われる犬鷲にとっては日本の高山は狭すぎなのではないでしょうか。犬鷲にとって今やどんな山にも人間の通る道が出来て里山は開墾されています。こんな環境の中で生息数を増やせば当然犬鷲の住む場所も少なくなりまた狭くなって来ているのではないでしょうか。犬鷲自体も夫婦単位ではなく親子で共存共栄する事をそろそろ考え始めている、それが私なりの答えなのだと思うのです。(D7200・200-500mmF5.6×1.7テレ×1.3クロツプ)
[PR]

by sakatule | 2016-10-06 08:37 | 写真


<< 距離の話      自然の話 >>