酒田徒然的写真の心

skafan.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 18日

伝えたい事、ダルマ市から。

c0061761_845914.jpg

きっと道は開ける、私の模索が続く写真の長い道のりに一つの出来事が起こりました。それは県展の公募規定の中にウェプの解釈が新たに盛り込まれまた事です。それによると私的なプログやウェプなどの写真が二重公募には当たらない事になった事なのです、この事により私の県展の道のりはさらに広がりを見せました。(Leica M-E・初代ウルトロン35mmF1.7)
c0061761_8183263.jpg

それと前にも話したのですがついに舶来の猫、デジタルライカを買いました。値段は安い軽自動車ほどです。何故ライカが欲しかったかと言うと一言で言えば「キャンデットフォト」が撮りたいからです。前々からライカM2を持っていたのですが時代はデジタルへと移行、日々更新のブログには適していませんでした。
性能を求めるなら国産のカメラの方が良いに決まっていますがライカの良い点は全て原始的な所にあります。近年、人物の写真が撮りにくくなって来ている昨今ライカは人物に特化したカメラだと思います。(Leica M-E・初代ウルトロン35mmF1.7)
[PR]

by sakatule | 2016-12-18 08:50 | 写真


<< 伝えたい事2、ダルマ市から。      ブリコ欲しがるカモメ達 >>