2017年 01月 28日

より遠くへ

c0061761_8441888.jpg

今年の犬鷲撮りはどうしたら良いと考えたら売却した超望遠の残り、最後の牙城タクマー1000mmを使う事を考えました。何故売らなかったのかはタクマー1000mmを去年にニコンマウントに改造したので売れなかったのですがフルサイズで使うと何故か良いのです。(D610・タクマー1000mmF8)
c0061761_8503597.jpg

昨今望遠レンズのミリ数が受像素子のサイズに影響されています。つまりフルフレームなら名前通りのミリ数なのですがAPS-Cなら1.5倍フォーサーズなら2倍と同じミリ数でも倍近く違うものになっています。しかしカタログの解像度を示すMTFはフルフレームなら10本&20本、フォーサーズ規格なら倍の20本&40本となかなか正直に表記するメーカはありません。この違いは捉える被写体のスケールに比例してくるとでも言いましょうか昔から少しも変わらないのです。(GX7・タクマー1000mmF8)
[PR]

by sakatule | 2017-01-28 09:09 | 写真


<< 寒鱈祭り      カモは眠る >>