<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

オオカメノキ(むしかり)

c0061761_221457.jpg

 ブナの森で木につるが巻き付いているのを見掛けるでしょう、それはオオカメノキ(むしかり)です。ガクアジサイに良く似た白い花を咲かせ開花時期も殆ど同じなので一瞬ブナの木に紫陽花が咲いていると勘違いする人が多いそうです。
[PR]

by sakatule | 2005-06-30 23:54 | 写真
2005年 06月 29日

雨に歌えば・(紫陽花公園)

c0061761_0134764.jpg

 待望の雨が降る、土門拳記念公園に出掛けると当然ながら平日なので人影がまばら、そして去年であれば確かに紫陽花の花満開であったが今年は植え替えが多くイベントに花の開花が追いつかなかった。今年はそう言った訳で派手な色彩では紫陽花を捉える事を断念、なんとか雨が降っている様子を伝えようとしました・・そうしたらこんな事を考えつきました、有り無しは貴方が考えて下さりますように。
[PR]

by sakatule | 2005-06-29 23:59 | 写真
2005年 06月 28日

雨小町(雨蛙)

c0061761_0595982.jpg

 「うーあちー早く雨になんねかなー」と言って芙蓉の花の上で雨を待つ蛙君、君は今頃田圃の畦で大喜びの大合唱でしょうね(次の日は待望の雨がふりました)。
昨日、紫陽花公園で雨の中紫陽花を撮っていたら、おじさんが近づいてきて「デジカメでは無理ですかね」と私に聞いてきたので一言「無理でしょう」て言ってしまいました、別に悪気があって言った訳では無いのでこの場でお詫びいたします。
カメラ自慢は車に似た所があります、人がベンツやBMに乗ろうがその機種の最上級(大会社のVIPが乗る車だとか)以外は人はたいして気にしていない事を少しは知った方が良いと思います。おじさんが銀塩を使おうがデジカメを使おうが私はさほど気にしません、大切なのは自分がどう写真を撮ろうかと疲労困憊している時に同じ写真が撮れないかと聞く心境が無理だと言っているのですが・・。
[PR]

by sakatule | 2005-06-28 23:59
2005年 06月 27日

ハマナス

c0061761_2342203.jpg

 知床旅情で有名な海辺の花、ハマナスは通常は赤が最も多く希にピンクや白もあります。
[PR]

by sakatule | 2005-06-27 23:44
2005年 06月 26日

夕暮れ時のあやめ

c0061761_0484910.jpg

 デジカメも使い方次第で面白い色が出せる、しかし一歩間違うと取り返しがつかない(>_
[PR]

by sakatule | 2005-06-26 23:59
2005年 06月 25日

アオスジアゲハ(春型)

c0061761_23163134.jpg

 蝶は成虫になってから花の蜜ばかりを吸い生きていると思っていたが、水や塩分が欠かせないのだそうだ。鳥海山ののぞきで写真を撮っているとヒョウモンチョウが手に止まりしきりに汗をなめているのだが、考えてみれば自然界で塩分を摂取出来る場所は海や岩塩がしみ出た土しかない、そんなんで蝶も良く生きられるものだ。
[PR]

by sakatule | 2005-06-25 23:03
2005年 06月 24日

枯れ山水の水の音(十二の滝)

c0061761_0573863.jpg

 暑い日が二三日続き体に変調をきたしてしまった。このままでは写真撮りもままならなくなりそうだが、そこはそこ、滝の写真を撮り、心に安らぎを求め、再び写真を撮りに行く事にした。
(いつの間にか十二の滝への道が全通していました・・!)
[PR]

by sakatule | 2005-06-24 23:59
2005年 06月 23日

「ちょっとどいてよ」(海猫の子育て)

c0061761_235344100.jpg

 テレビを見ていたら、画家の特集をやっていて苦労して絵が誕生して行く模様をオンエアしていた。その中、気になる画家達の会話があった。4人で写真を見ながら絵を批評しあっている時の言葉だがA先生「これ以上細かく書いたら、写真になっちゃうよ」B画家「そっか具表的すぎるのか」一同「あっはっは」。なにげに聞き逃してしまいそうだけどA先生曰く現代アートは写真のようではいけないらしい。
人の揚げ足をとるようで悪いのだが、文明の産物、写真は最初はカメラオブスキュラから始まった。つまりレンズを通して結んだ画像を最初は鉛筆でなぞっていた。
絵画の人達に、私から一つだけ苦言を言わせて欲しい。そんなに写真に近づけたくなかったら写真と言う手段を一切使わずデッサンを仕上げるぺきなのでは・・。アトリエで写真と向かい合ってデッサンを書いている人が言う言葉ではないと思うのだが・・難儀な物である、こちらからも「あっはは」であります。
[PR]

by sakatule | 2005-06-23 23:57 | 写真
2005年 06月 22日

シロツメグサの生える小道

c0061761_22131788.jpg

 最近はどんな所に行っても車の通った轍がかならずある。それは生活に車が必要不可欠だからそうなのだけど、車の通れない土手沿いの道を見つけた。辺りにはシロツメグサの群落が咲き誇りそしてまた人々が歩いているため道が踏み固められている、昔なら普通の光景なのだが、現代になり平地では田圃の畦ぐらいしか人物の専用道路と言うのは見掛けなくなった、場所を言うとすぐにオフロードバイクで走りたがる人がいるので教えない。
[PR]

by sakatule | 2005-06-22 22:18 | 写真
2005年 06月 21日

無題(十六羅漢)

c0061761_2341163.jpg

 どう感じとるかは人それぞれです、私は時に貴方に写真で訴えかけます。
[PR]

by sakatule | 2005-06-21 23:55 | 写真