<   2005年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

広い平野に

c0061761_21491563.jpg

 一年を振り返ってみると写真の事ばかり考えていました。リバーサルが良いだのデジタルが良いだのと書いてはみたものの、肝心の描きたい庄内の風景を私はいまだ描ききれていない。来年も私に出来る事と言えば日々写真を積み重ねるしか術がない。ブログに一年も見てくれた人々に感謝を述べたい・どうも一年近く見守ってくれありがとうございました・来年もよろしく。
[PR]

by sakatule | 2005-12-31 00:00
2005年 12月 30日

肘折温泉

c0061761_024025.jpg

 一年の垢を落とすために肘折温泉に浸かった。辺りは一面雪景色、ぼーっと湯船に浸かっていると何故か猿になったような気がして世の中のうさを忘れさせてくれた、温泉独り占めの炭酸水飲み放題でした。
[PR]

by sakatule | 2005-12-30 00:27 | 写真
2005年 12月 29日

眠る白鳥

c0061761_2250114.jpg

 スワンパークに行ってみると辺り一面が氷結していた。12月でこの光景だからこの先どうなるのか心配だ、白鳥は厳寒期には首を胴体にくっつけてひたすら眠る、それは無駄なエネルギーを使って体力を消耗しないためで表面積を出来るだけ小さくして風や吹雪から身を守っているのだろう。♪雪やこんこん・・猫はこたつで丸くなり白鳥も川で丸くなる。
[PR]

by sakatule | 2005-12-29 00:00 | 写真
2005年 12月 28日

眠れない夜は・・(海猫)

c0061761_28789.jpg

 眠れない夜はうみねこを数えよう、一羽二羽三羽・・年が明けてしまいそうだ。
[PR]

by sakatule | 2005-12-28 02:09 | 写真
2005年 12月 27日

羽越本線いなほ脱線事故

c0061761_206538.jpg

 地吹雪と雷鳴の中、あってはならない鉄道事故がおき5名の尊い人命が失われた。テレビでは事故現場の生々しい様子が流されていたが、どのような場所で事故が起きたのかスケールがわからなかった、そこで松山の眺海の森にのぼった、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
[PR]

by sakatule | 2005-12-27 00:00 | 写真
2005年 12月 26日

岩のり摘み

c0061761_1374385.jpg

 冬一番のご馳走と言えば寒鱈汁、それに無くてはならない岩のりを摘む作業が最盛期を迎えている。冬の日本海はとても波が荒く干潮の合間でなおかつ天候が比較的穏やかな時にしか岩のりは摘むことが出来ない。一日摘んで5千円から一万円ぐらいの収穫が得られるのだが、波にのまれる可能性もあることを考えると割に合う仕事では無い、しかし寒鱈汁の上に乗せる岩のりを楽しみにしている人達の笑顔を思いながら漁師は岩のりを摘むのだそうだ。
[PR]

by sakatule | 2005-12-26 01:41 | 写真
2005年 12月 25日

Merry Christmas

c0061761_0461131.jpg

Merry Christmas.
[PR]

by sakatule | 2005-12-25 00:47
2005年 12月 24日

鶴岡公園のライトアップ

c0061761_23263545.jpg

 もうすぐクリスマス、鶴岡公園のライトアップが冬の冷たさを和ましてくれている。
[PR]

by sakatule | 2005-12-24 00:00
2005年 12月 23日

庄内町立川の風車が折れる(臨時ニュース)。

c0061761_15541988.jpg

 23日夜からの庄内地方は地吹雪にみまわれ雷注意報が発令されていたが、よりによって旧立川町にある風力発電の風車一機に落雷が落ちた、雷が落ちた風車は羽根の一本が垂直になって止まっていてそこに一度ならず二度の落雷が落ちたのだと現地の風車村の人は語った。
[PR]

by sakatule | 2005-12-23 15:58 | 写真
2005年 12月 23日

「どうしたの」

c0061761_17575814.jpg

 白鳥を撮影していて車の中で暫く寝いっていたら「トントン」とドアのウインドウをたたく音、それは白鳥さんでした。自然界の生きものは人間の心が読めるんですね、パンをあげて「大丈夫だから」と私は言いました。
[PR]

by sakatule | 2005-12-23 00:00