酒田徒然的写真の心

skafan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

眠るカタクリ

c0061761_23492759.jpg

 2日前から寒が戻り雪が降ってきました・・「ハックシュン」カタクリの花はどうしてるかって?・・スヤスヤと眠ってますよ。
[PR]

by sakatule | 2006-03-31 23:45 | 写真
2006年 03月 30日

イワウチワの色

c0061761_19573333.jpg

 薄いピンクの四弁の花を咲かせるイワウチワはこの時期の福寿草や片栗と並んで山で良くみかけられる三大野草の一つ、母の日に送りたいぐらいに素敵な色合いです。
[PR]

by sakatule | 2006-03-30 20:00 | 写真
2006年 03月 29日

みすみ草のお花畑

c0061761_18275755.jpg

 高舘山ハイキングコースの山コースの入り口から2・3分歩いた斜面一面にはみすみ草のお花畑があり、それが満開を迎えている。山野草はそもそも人や動物に取られない場所に生えているから、自然の獣道にそって細い道がついている所から写真をとる。気になった事の一つに群生の手前に必ずといって良いほど人の足跡が残る、どうしてもワイドで群生を撮りたい気持ちは解らないでもないが、道のすぐ脇にも小さな群生が一杯有るのに分け入らなくても良い気がする、花の自然な姿は本来は風や蝶や昆虫の為の形だとすれば、そっと優しく見守った方が自然の写真が撮れるのに・・ほら。
[PR]

by sakatule | 2006-03-29 18:34 | 写真
2006年 03月 28日

高舘山・デビュー

c0061761_1144620.jpg

 早くも高舘山のカタクリの花が開き始めた。カタクリは春の妖精とも呼ばれハイカーからもっとも良く親しまれている。
[PR]

by sakatule | 2006-03-28 00:00
2006年 03月 27日

白鳥の北帰行

c0061761_1532569.jpg

 スワンパークでは白鳥の北帰行が盛んに行われています。今頃、スワンパークにいる白鳥達は南方から飛んできてスワンパークで羽根を休めシベリアの方へ飛んでゆく白鳥がほとんど、南から来る白鳥と旅立つ白鳥が交差してお互い声を掛け合うシーンも見られます。
[PR]

by sakatule | 2006-03-27 00:00
2006年 03月 26日

湯野浜電鉄

c0061761_0529100.jpg

 庄内で廃線となった鉄道と言えば湯野浜電鉄がありその車両が鶴岡の大松庵さんの庭先に今も置いてある。電車が開通していた頃の思い出と言えば湯野浜駅前のアイスクリンがとっても美味しかった事、味の秘密は大山のわき水を使った製氷所の氷で作っていたからだった。
[PR]

by sakatule | 2006-03-26 00:00
2006年 03月 25日

春のうみねこ

c0061761_0262383.jpg

 庄内人は何故か春になると海が見たくなる。それは昔、庄内藩が釣りを推奨したからなのだろうか、それとも単に海に接してているからなのだろうか。海に出ると潮騒の薫りが体中にしみて春が来たものだとしみじみ・うみねこ(カモメ)の鳴き声も一層ムードを盛り上げてくれた。
[PR]

by sakatule | 2006-03-25 00:00
2006年 03月 24日

9600型蒸気機関車

c0061761_1828136.jpg

 私が幼稚園の頃にこの機関車は酒田機関区に現役の貨物牽引動力車として働いていたのを覚えている。動力が蒸気から重油に変わりそして電気になった今、9600型の機関車は日和山公園でしずかに朽ち果てるのを待っている。今、私たちが日常生活用品でこのように100年後残る物とは何だろうか考えてみる、それは缶ビール・ジュースの空き缶やペットボトル、考古学の立場で土器や盃が残っているように・・、「いいのかい」それで?。
[PR]

by sakatule | 2006-03-24 18:30
2006年 03月 23日

ミツマタ(三椏)の蕾み

 お墓や庭によく植えらる木の一つにミツマタがある。名の由来は枝分かれする時に三っに必ず枝別れする為にこの名前が付いた。妖怪、百狐の尾のようにふさふさの花の蕾みの先には、温かくなると綺麗な黄色の花が出てくる、蕾みがとても不思議(¥_¥)<「あんた!、風景、イベント、マクロって三椏かけてるでしょ」「すみましぇーん」。
c0061761_20124159.jpg

[PR]

by sakatule | 2006-03-23 20:22 | 写真
2006年 03月 22日

ゆざこい観音

c0061761_0164810.jpg

 遊佐町の蕨ヶ丘にある遊佐恋観音、冬の間に寒かろうと着せたマント、さあもう春はそこに、恋人達をいつまでも見守っておくれ。
[PR]

by sakatule | 2006-03-22 00:00