<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

吹雪くカモ

c0061761_14163954.jpg

 正月は吹雪くかもとカモが言ってました、今年も一年ブログを見守ってもらいありがとうございました。
[PR]

by sakatule | 2007-12-31 14:17 | 写真
2007年 12月 30日

帰省

c0061761_22531644.jpg

いつの時代も変わらぬ光景、私の場合は友達が帰って来た。
[PR]

by sakatule | 2007-12-30 22:54 | 写真
2007年 12月 29日

一年を振り返って

c0061761_2358382.jpg

 今年一年振り返ると私の場合は「鳥に魅了された年」だった、酒田が広域合併により市の鳥が白鳥からイヌワシになった事、そして人物から風景に撮影の範囲を広げた時、自然の木々の息ずかいより野生の動物の逞しさに魅了されその頂点であるイヌワシを追った事にあった。
イヌワシを半年追って気が付いた私にとって大切な反省が二つある、それはレンズとモラルである、写真はレンズで決まると言う、私には遙か遠くの鳥のアップに挑戦すべく用意したのがレフレックスレンズの5百と千ミリ、空気の揺らぎの限界ギリギリまで大きく写す事が出来るがやはり600mm位のノーマルのレンズでアップが撮られたらベストだと思う、しかし600mmF4クラスのレンズは百万前後と高い。
モラル、今年風景からイヌワシにシフトして銀塩写真家と言うあり方に疑問をいだいた、それは風景を大判カメラで何時間もかける撮り方にいらだちを覚えた事にある、景勝地に行き我が物顔に人を通せんぼして大判で撮る事はしないと反省した。人はお金を掛ければかけるほど写真道になったと思いこむ、道具は道具、弘法も筆の誤りと昔から言うが新しいレンズやボデーは自分えのスタミナ材と思った方が撮れる写真にプラスではないだろうか、肝心なのはそれを持って行っても道に道交法あり場所にマナーが有りそれを遵守する事が自分の優先事項だと思った事だ。
[PR]

by sakatule | 2007-12-29 22:45 | 写真
2007年 12月 28日

ランチタイム

c0061761_18162135.jpg

ランチタイムに何処からともなく餌を求めてちゃっかり飛んでくる白鳥もいる。
[PR]

by sakatule | 2007-12-28 18:17 | 写真
2007年 12月 27日

輪白鳥その後Ⅱ

c0061761_19335653.jpg

 輪白鳥は朝と夕方に餌付け場所に餌を食べに来ているが捕獲できず現在も輪が取れていない、輪が取れない理由の一つは前回救われたルアー白鳥のように手負いでは無く、輪がいつ白鳥にとって害につながるかがはっきりしない所なのだが、想像するにこのままでは春に北に帰れないだろう、つけて輪白鳥はペアでありそれでは連れ合いに置き去りにされるのだろうか心配だ、とにかく今回は長期化しそうだ。
[PR]

by sakatule | 2007-12-27 19:39 | 写真
2007年 12月 26日

コハクチョウ

c0061761_1915345.jpg

今日スワンパークにコハクチョウが多数飛来していた。
[PR]

by sakatule | 2007-12-26 19:02 | 写真
2007年 12月 25日

着水

c0061761_2255150.jpg

ホワイト違いでクリスマスぽい物を探した。
[PR]

by sakatule | 2007-12-25 22:06
2007年 12月 24日

Xmasイルミネーション

c0061761_22233173.jpg

メリークリスマス
[PR]

by sakatule | 2007-12-24 22:24 | 写真
2007年 12月 23日

鳥の楽園

c0061761_20381688.jpg

日曜ともなればスワンパークには沢山の家族連れが訪れ鳥達に餌を与える、スワンパークは酒田で鳥達に人々がふれ合える唯一の場所であり鳥達にとっても楽園なのだ。
[PR]

by sakatule | 2007-12-23 20:40
2007年 12月 22日

チョウゲンボウ

c0061761_19221749.jpg

 久しぶりに晴れて鳥海山が姿を現す、今頃イヌワシはどうしているだろうか、そんな思いで枝や電柱にとまっている猛禽類を車から探してみる、たいがいトビだがご覧のようなチョウゲンボウもたまに見かける、狩りの中休みなのだろう。
[PR]

by sakatule | 2007-12-22 19:23 | 写真