人気ブログランキング |

酒田徒然的写真の心

skafan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 30日

山桜は咲いている

c0061761_09580919.jpg
東京では今頃ソメイヨシノが満開であるとニュースで聞いたが実は山形の野山では山桜がちらほら咲いています。(GX7・20mmF1.7)
c0061761_10101590.jpg
何故皆さん知らないのかと周りに聞いてみるとやはり今頃は梅祭りで忙しいとの事でした。(P-900)




by sakatule | 2019-03-30 10:14 | 写真
2019年 03月 28日

春近し

c0061761_10212351.jpg
光丘文庫が閉鎖されなんとも寂しげな日枝神社の梅林も桃の花が咲き賑わいを見せています。人が手を加えていた水場がなくなってさぞかし困っただろうシジュウカラ君、元気に生きていました。(GX7・100-300mmF4-5.6)


by sakatule | 2019-03-28 10:29 | 写真
2019年 03月 25日

金浦の福寿草

c0061761_09073472.jpg
c0061761_09151987.jpg
毎年桜の開花の前に必ず行く場所があります。春の訪れを知らせる金浦の福寿草です。この日は朝から寒の戻りで朝から雪が降り為福寿草に雪が積もり白と黄色と青の見事な共演になりました。(GX7・9-18mmF4-5.6)



by sakatule | 2019-03-25 09:16 | 写真
2019年 03月 21日

シーズン直前

c0061761_09415804.jpg
3月20日、そろそろ桜の開花時期がテレビで発表されて升田から出ない犬鷲を探してみる。(D7200・200-500mmF5.6)


by sakatule | 2019-03-21 09:47 | 写真
2019年 03月 18日

安丹神楽 笑福

c0061761_09144787.jpg
鶴岡の大山地区に昔から伝わる安丹神楽は平成時代3.11 の時は休止しましたが無事つつがなくやってまいりました。このイベントの中心は神楽とそれを楽しむ人々なのですが毎年大勢のカメラマンが訪れ会場はうおおさおおの大混乱になります。近年思うに誰が悪いのでも無いのですが会場の主催者がここから入らないでください。と言う指示も守らないカメラマナーの無い人が多くなっています。それは超広角をつけて知らないフリをするおば様カメラマン達です。前に居るのに超広角レンズをつければ被写体にカプラ無ければ撮れません、しかしそうすると後ろの人は撮れなくなるのです。ただでさえ撮れる場所が限られているのにそれを見て楽しんでいる人の前に出て、言われた忠告も聞かずバシャバシャシャッターを切るおばさん達には流石に閉口しました。カメラマナーをどうこう言う筋合いでは無いのですがやはりおばさんならそれ相応の年齢の対応が必要になると思うのですが・・。(D610・50mmF1.4)


by sakatule | 2019-03-18 09:46 | 写真
2019年 03月 11日

黒森歌舞伎 太夫振舞

c0061761_07262923.jpg
c0061761_07270473.jpg
c0061761_07273677.jpg
黒森歌舞伎も正月公演や市民会館公演を終えて暖かくなって来た10日、来年の演目を決める太夫振舞が行われました。水垢離を採った若者が神社の米櫃から採ったのは黒森歌舞伎の十八番、義経千本桜でした。神饌の儀を終えて演舞場に集まった斎道連中は来年に向けて、そしてポーランド公演に向けて祝杯をあげました。(D610・17-35mmF2.8-4)


by sakatule | 2019-03-11 07:39 | 写真
2019年 03月 07日

でごぐり百万遍念仏講

c0061761_08330779.jpg
平田地区の貴船神社で行われるでごくり百万遍、今年も例年少子化で少なくなったのですが8家族がそれぞれ家から綱を持ち寄り長い輪にして神社の床に叩きつけながら回します。この縄をまとめ誰かにかけるとその人は一年の無病息災と良縁に恵まれるそうです。あっ誰かカメラマンも参加しましたょ。(D610・17-35mmF2.8-4)


by sakatule | 2019-03-07 08:44 | 写真
2019年 03月 04日

県展を見に行く

c0061761_07381446.jpg
山形美術館に県展を見に行く今年知事賞に選ばれた写真は星夜写真と花火が見事に合成された写真だった。デジタルの時代になってほとんどの写真が綺麗になり現在撮れる写真の質は上がりました、しかし写真と言う意味で真実味が失われかけていると思うのです。星野写真と花火写真を合成する事は誰にでもやれば出来る事で実際に花火を見ている人は星の軌跡など見る事が出来ない、しかしその事が審査員の気を引いたと言う事は他の11賞を見れば絶対的瞬間の写真である事は間違いない。時代により真実を写すか絵描きのごとく表現を優先するかは写真界全体の行く先を暗示する事柄なのでは無いでしょうか。(X-20)
c0061761_08061278.jpg
まぁ私にとって写真がどうのこうのより昼に食べた中村屋のクセ中華を美味しくいただきました。この中華、見た目は普通なのですがテールスープ味なのです。地元酒田には無い味に世の中広い物だなと感心しました。女将さんに写真を撮っても良いですかとたずねたら「綺麗に撮ってくださいね」と言われました。(X-20)


by sakatule | 2019-03-04 08:16 | 写真